クロミッドで新しい家族の誕生!排卵誘発剤が生む幸せ

▶不妊症の原因や症状

不妊症は事前に気づくことは難しく、子供が出来無くて困っているという状況になるまで気づかないことが殆どです。様々な原因によって起こるため何が問題なのかは調べてみないとわかりません。
不妊症の原因には妊娠に関わる要素の問題が影響します。排卵や卵管、子宮頸管や子宮内膜などの障害が妊娠に影響を与え、状態によっては子供が全く出来ないということもあります。ですのでその症状に合わせて治療を施していき、正しく妊娠が出来るように促します。そのためにはどこが問題で症状が出ているのかということを突き止めるのも重要です。自力で対処出来るようなものでは無いのですが、予め何が問題になるのかということも知っておくべきでしょう。
そもそも妊娠は卵子に精子がくっついて受精卵になり、それが子宮に移動して子宮内膜に着床することで起こります。つまりこの過程の何処かで障害が発生していると不妊に繋がるわけです。
排卵での障害は卵子が排出されないということが起こります。これは卵子が上手く育たなかったりして起こりますので、卵子が上手く育つように促す必要があります。不妊治療でまず使われるであろうクロビットという薬はこの排卵を促す薬で、正常な排卵で妊娠を可能にする効果があります。
卵管に問題があって、受精卵が移動できないということもあります。卵管が狭かったり、詰まっていると当然受精卵が移動出来ませんので、それを治療する必要が出てきます。これは性病などで炎症を起こすことで発生しますので、性病を治療することで改善を促せます。近年性病の感染も増えており、特に性知識の乏しい若年層の感染拡大が広まっております。性病は自覚が難しいために感染も広がりやすく、感染回避は困難であるため、不特定多数との性的接触は控えるようにしておきましょう。
子宮頸管は子宮の出口付近の筒のような部分のことで、ここを精子が通過しやすいように粘液を分泌するのですが、その粘液が少なかったりして精子が通過できない状態になっていると受精卵が出来なくなってしまいます。
子宮内膜での障害で着床が出来ないことでも不妊を起こします。子宮の内膜は卵子を育てる大事な役目を持っているため、これが正常な状態でなければ着床しても受精卵が育たないことも起こります。月経の変化を伴うこともあるため異常を感じた際には検査しておきことをオススメ致します。
不妊症は検査でも解ること解らないことがあり、治療は順番に治療法を試すようになると思います。しかし何かしらの異常を感じているときはその箇所を調べることで早期発見早期治療を施せるかもしれません。子供ができなくて困っている時には、自分の感じていることを出来るだけ医師に伝えて、的確な治療を施していきましょう。